Sourcetree Git Ssh

Posted on by admin
Sourcetree git ssh software

What is Git LFS? Git is a distributed version control system, meaning the entire history of the repository is transferred to the client during the cloning process. For projects containing large files, particularly large files that are modified regularly, this initial clone can take a huge amount of time, as every version of every file has to be downloaded by the client. Creating an Account on BitBucket and Setting up SSH Keys. If you do choose to use SourceTree as a GUI Git client, you'll need to add your GitHub credentials to SourceTree. Let's do that now. Open the SourceTree app. Click the 'Gear' icon in the top right corner and select 'Settings'. — Tools - Options - General Tab - Verify that the “SSH Client” field is set to “PuTTY/Plink”. When this field is configured this way you can use SourceTree to create the key pair. — Enable the “Automatically start SSH agent when SourceTree opens” — Click “OK” to save the Options settings. Creating an Account on BitBucket and Setting up SSH Keys If you do choose to use SourceTree as a GUI Git client, you'll need to add your GitHub credentials to SourceTree. Let's do that now.

GitSsh

If you have problems with the connection between SourceTree and your git repo over SSH, this post should be useful for you…

A common error is:
“FATAL ERROR: Server unexpectedly closed network connection
fatal: Could not read from remote repository.”

In order to connect to the git repo over SSH, I advise to install the complete PuTTY package from the official WebSite.
After this, you can copy the latest executables from the PuTTY folder (Depending on the version, usually: C:Program FilesPuTTY) to the SourceTree folder (Depending on the version, usually: C:UsersAppDataLocalSourceTreeapp-2.0.20.1toolsputty)

  • plink.exe
  • (pageant.exe)
  • (puttygen.exe)
  • (putty.exe)

Now you can configure normally the connection in SourceTree and with this latest version of plink it will work.

今回、GitLFSを利用したかったためSourceTreeからGitHubにssh接続しようとしましたがなかなかうまく行きませんでした、、、
成功したときのやり方を記します。

SourceTreeを起動し、【ツール】→【SSHキーの作成/インポート】を選択します。

【Generate】を選択して、緑のゲージの下の空欄で適当にマウスを動かします。
マウスを動かしたランダム性からキーが作成されるようです。

キーができたら、
1.一番上の「Public key for pasting in to ....」ボックス内の長い文字列を全選択してコピーしてください。あとで使うので、テキストエディタなんかに貼り付けておくといいでしょう。

2.【Save public ley】を選択し
「rsa_pub」と保存します。
保存場所や名前は任意です(保存場所は覚えておいてください)

3.【Save private key】を選択し
「rsa」と保存します。保存場所や名前は任意です(保存場所は覚えておいてください)
「rsa.ppk」ファイルが出来るはずです。
この時確認メッセージが出ますが、今回はパスフレーズは設定しないためそのまま【OK】を選択してください。

SourceTreeで、【ツール】→【SSHエージェントを起動...】を選択してください。

何も起こらないかもしれませんが、Windowsのツールバーの「^」マーク(隠れているインジケータを表示します)を開くと、下のようなマークの「Pageant」というものがあります。それをクリックしてください。

Pageant Key List が開かれるので、【Add Key】を選択し、先程作成した「rsa.ppk」を選択してください。
キーの詳細が表示されたら【Close】

続いて、リモートリポジトリとなるGitHub側の設定です。
ブラウザでGitHubにログインし、【右上の自分のアイコン】→【Settings】を選択してください。

PersonalSettings 内の【SSH and GPG keys】を選択し、【New SSH key】ボタンを選択。
「Title」内には任意の名前を、「Key」には前項「SourceTreeでのSSHキーの作成」1.でコピーしたキーの文字列をペーストしてください。

Sourcetree Git Add Ssh Key

入力できたら【Add SSH key】を選択。「SSH keys」のリストに新たに追加されているのが確認できるはずです。

以上で完了です。

あとはGitHubからリポジトリをクローンするときにHTTPSではなくSSHを選択することに注意してください。

Sourcetree Ssh Key

(記事更新)
2019年3月時点でもこの方法で大丈夫そうです。不具合があれば教えてください。